大人の道しるべ
By Keiko Usami Follow | Public

岩手県奥州市に、20年以上にわたり地元で農業にいそしみながら産直フリーマーケットや農家レストラン、農村民泊などを手掛け、ひるむことなく未来に向けて周囲を巻き込み続けている女性がいます。マイムマイム奥州代表の及川久仁江さんです。
久仁江さんは、農家に嫁いだ女性が社会とつながり続けて生きていけるようにと仕事ができる場を立ち上げ、農村を訪れる機会を広げるため自宅の一部を農村民泊として改装し、農村を衰退させる一因となる休耕田の活用に向けて奔走してきました。

久仁江さんの意思の中心にあるのは、100年先も1000年先も皆が生き続けられる地球であって欲しいという想い。そのための手段として、『循環』に注目しています。人とモノの循環‐めぐるものがめぐって、どこかに滞ったり腐ったり狂ったりすることのない世界であってほしい。

久仁江さんの夢の一番のポイントは、自分の故郷だけが良くなれば、などと全く思っていないこと。このような『循環』をもっともっと広めていきたい。昔ながらのやり方を簡単に捨て去ってしまうのではなく、めんどくさいを楽しもう。未来のために。
この夢と、その先に繋がるより豊かな循環へ -私たちは彼女の取り組みを心から応援したいと思っています。

Comments